メールレディの収入は振込?確定申告は必要?

メールレディも確定申告が必要?

メールレディでお金を稼いだらそのお金はどうやって手元にくるのでしょうか。
また、メールレディでも収入によっては確定申告が必要になるんです。
ではその手続きはどうしたらいいのかなど、細かいところを分析してみます。

 

ほとんどのサイトがお給料は振込です

いつでも好きな時に、お給料がもらえるわけではありません。
サイトによって違いますが、だいたいは3000円から5000円の最低賃金に達すると、振込申請ができます。

月払いと日払いのサイトがあるので、月払いだと、申請した月の翌月に振り込まれます。日払いのサイトは、申請した日の翌日か翌々日になるものがほとんどです。
どのサイトにも、お給料のシステムが説明されていると思うので、しっかり確認しておきましょう。

注意が必要なのが、振込手数料です。
いつでもお金が必要な時や、好きなタイミングでお給料はもらえますが、振込手数料は自分で負担しなければいけません。
だいたいのサイトは、540円くらいの手数料がかかります。
早くお金が欲しくて、最低賃金が貯まるごとに申請していると、手数料だけでかなりの金額になってしまいますよね。
なるべくまとまった金額になったら申請するのが賢いメールレディの稼ぎ方です。

メールレディの収入が20万を超えると確定申告が必要

メールレディを副業としている人は年収が20万円を超えると雑所得という扱いで、税金を払う必要があります。
もしメールレディ以外お仕事をしていない人なら、メールレディが本業という形になってきます。
そうなると年収が38万円を超えると事業所得という扱いで、こちらも税金を支払わなければいけません。

メールレディもスマホでメールをするだけですが、お金をもらってしまったら、立派なお仕事です。
申告をしないで、もし税務署に見つかると脱税したことになって、高額な請求がくることもあるので、お金の管理はしっかりしましょう。